細草論壇

「疑に三種あり、一には自らを疑ひ、二には師を疑ひ、三には法を疑ふ」(『摩訶止観』)

日顯上人猊下ご自身の「臨終の相への大覚信」の文証

何度もお伝えいたしますが、去る令和元年9月20日、日蓮正宗の前代の法主・管長であられた、御隠尊・第67世日顯上人猊下が御遷化あそばされました。 日蓮正宗にとって、正信会の破門・擯斥、創価学会の破門・池田大作等の除名を決定された重大な方、また…

顕正会の会館が建ったことと災害との関係。「魔のたぶらかし」「魔のたばかり」の現証

本日、令和元年10月12日、台風19号の猛威が静岡県・首都圏南部を中心に猛威を奮っています。 千葉県内でも竜巻の発生が報告されています。 www.asahi.com 顕正会の「南房会館」が建ったのが平成24年年。それ以降、あの茂原市ですら、“なぜか”竜巻・…

サイトマップ

このページはサイト内の文献のリストです。 (0)一般仏教の文献 『那先比丘経』 (1)宗祖大聖人御書 『四恩抄』 『妙法曼陀羅供養事』 『当体義抄』 『曾谷殿御返事(抜粋)』(故事「輪陀王、外道を対治し、仏法を立てて王威を取り戻すこと」) 『新池御書』 『御…

宗祖大聖人御書『四恩抄』(弘長二年一月十六日・御寿四十一歳)

(底本:『平成新編・日蓮大聖人御書』p.264-269) 一には大なる悦びあり。 日蓮は身に戒行なく心に三毒を離れざれども、 また、やんごとなくめでたき事・侍り。 仏法を習ふ身には、必ず四恩を報ずべきにそうろうか。 四恩とは『心地観経』に云はく、「一には一…

帯刀杖による正法護持の化儀(日有上人『化儀抄』第二十二条、第九十二条、および日亨上人『同・註解』)

(底本:『富士宗学要集・第一巻』(山喜房仏書林版)) 『有師化儀抄』第二十二条、第九十二条 『有師化儀抄註解』 『有師化儀抄』第二十二条、第九十二条 (p.63) 第二十二条 出仕のときは太刀を一つ中間に持たすべし、折伏修行の化儀なるがゆへなり。ただし…