細草書林

「疑に三種あり、一には自らを疑ひ、二には師を疑ひ、三には法を疑ふ」(日寛上人『寿量品談義』)

なぜこの現代においては・この地球においては「日蓮正宗だけが正しい」と言い切れるのか?

(底本:千葉県の日蓮正宗末寺(※一番下に注記あり)での「折伏勉強会」のご指南原稿) これが説明できれば折伏できる五つの言葉 (1)因果の道理 (2)四十余年未顕真実 (3)正・像・末の三時 (4)本門戒壇の大御本尊 (5)二箇相承 結論 これが説明できれば折伏できる五…

『日蓮正宗要義』(私釈) 第一章 日蓮大聖人の教義・第一節 五綱 第一項「教」- page.3

(底本:『日蓮正宗要義(改訂版)』平成11年12月19日改訂・日蓮正宗 宗務院・発行) ひと口に「教えの大綱を判断する」というとき、人類文化史上にあらわれ、さまざまな国家・地域において「大衆の精神面を導いてきたもの」のすべてをながめていこうとすると、人…

『日蓮正宗要義』(私釈) 第一章 日蓮大聖人の教義・第一節 五綱 第一項「教」- page.2

(底本:『日蓮正宗要義(改訂版)』平成11年12月19日改訂・日蓮正宗 宗務院・発行) 第一項 「教」 「教」とは天台大師が『法華玄義』の一に 「聖人・下(しも)に被(こうむ)らしむるの言(ことば)」(『法華玄義』上─二九) つまり、 「賢者・聖者が、大衆に…

『日蓮正宗要義』(私釈) 第一章 日蓮大聖人の教義・第一節 五綱(ごこう) - page.1

(底本:『日蓮正宗要義(改訂版)』平成11年12月19日改訂・日蓮正宗 宗務院・発行) 第一節 五綱(ごこう)五綱とは宗祖日蓮大聖人が『教機時国抄』等に示された教判で、(一)「教」(二)「機」(三)「時」(四)「国」(五)「教法流布の前後」の五つをいい…

顕正会員(?)によるSNS上でのストーカー行為 - 令和元年10月22日以降

万里崎胡桃という顕正会員(?)がツイッター上にアカウントを持っています。「彼」は道理・文証を示されても、「御託は不要!」と言って文証の意味合いを認めようとせず、逃げ回る、教学のない顕正会末端会員の典型例とも言える存在でした。 しかしながら、「…