細草書林

「疑に三種あり、一には自らを疑ひ、二には師を疑ひ、三には法を疑ふ」(日寛上人『寿量品談義』)

2019-07-23から1日間の記事一覧

『那先比丘経』:第一編第一章・第三問「対話を成立させる基盤」

(底本:『ミリンダ王の問い─インドとギリシアの対決(平凡社・東洋文庫7 中村元・早島鏡正 共訳)』第1巻 p.76) 第三問「対話を成立させる基盤」 王は問う、「尊者ナーガセーナよ、わたしとともに<復た再び>対論しましょう」と。ナーガセーナは答える。「いいで…