細草論壇

「疑に三種あり、一には自らを疑ひ、二には師を疑ひ、三には法を疑ふ」(『摩訶止観』)

社会哲学

『国教選定の必要』(昭和十年五月・堀米泰栄師)

(底本:『日淳上人全集・上巻』p.98) 解題: 後の日蓮正宗・第六十五世御法主上人であられる、日淳上人猊下の、ご登座のはるか前の論文です。 この論文の中で、【危篤な状態】【危篤な時期】とあるのは、せんじつめるところ、日本が満蒙開拓という大義名分のも…

『社会学・第五版(2009年)』(アンソニー・ギデンズ):「第20章 政治・統治・テロリズム」冒頭部より引用

(投稿者注記:この文献は、異流義教団・顕正会の政治学的所見が如何に稚拙であるか、そのための引用となります。特に、顕正会では「王法=主権」という単純化された認識なのですが、この文献の「主権という概念は、伝統的国家では意味をなさなかった」という記…