細草論壇

「疑に三種あり、一には自らを疑ひ、二には師を疑ひ、三には法を疑ふ」(『摩訶止観』)

『妙法曼陀羅供養事』文永十年・五二歳(新編 p.689)

 宗祖大聖人『妙法曼陀羅供養事』

 

(文永十年・五二歳)

(底本:『平成新編・日蓮大聖人御書』(大日蓮出版))

妙法蓮華経の御本尊、供養そうらひぬ。

 

この曼陀羅は文字は五字七字にてそうらへども、三世所仏の御師、一切の女人の成仏の印文なり。冥途にはともしびとなり、死出の山にては良馬となり、天には日月のごとし、地には須弥山のごとし。生死海の船なり。成仏得道の導師なり。

 

この大曼陀羅は仏滅後二千二百二十余年の間、一閻浮提の内には未だひろまらせたまはず。

 

病(やまひ)によりて薬あり。軽病には凡薬をほどこし、重病には仙薬をあたうべし。仏滅後より今までは二千二百二十余年の間は、人の煩悩と罪業の病軽かりしかば、智者と申す医師(くすし)たち、続き出でさせ給ひて、病にしたがって薬をあたえたまひき。

 

いわゆる、倶舎宗・成実宗・律宗・法相宗・三論宗・真言宗・華厳宗・天台宗・浄土宗・禅宗等なり。かの宗々に一々に薬あり。いわゆる、華厳の六相十玄、三論の八不中道、法相の唯識観、律宗の二百五十戒、浄土宗の弥陀の名号、禅宗の見性成仏、真言宗の五輪観、天台宗の一念三千等なり。

 

今の世はすでに末法にのぞみて諸宗の機にあらざる上、日本国一同に一闡提・大謗法の者となる。また、物に譬(たと)ふれば父母を殺す罪、謀叛ををこせる科(とが)、出仏身血等の重罪等にも過ぎたり。三千大千世界の一切衆生の眼をぬ(抜)ける罪よりも深く、十方世界の堂塔を焼き払へるよりも超えたる大罪を、一人して作れるほどの衆生、日本国に充満せり。

 

されば天は日々に眼をいからして日本国をにらみ、地神は忿(いか)りをなして時々に身をふるうなり。しかるに我が朝の一切衆生は皆な「我が身に科なし」と思ひ、「必ず往生すべし」、「成仏を遂げん」と思へり。

 

赫々(かくかく)たる日輪をも、目なき者は見ず知らず。たとへば太鼓のごとくなる地震をも眠れる者の心には覚えず。日本国の一切衆生もかくのごとし。

 

女人よりも男子の科は多く、男子よりも尼の科は重し。尼よりも僧の科は多く、破戒の僧よりも持戒の法師のとがは重し。持戒の僧よりも智者の科は重かるべし。これらは癩病の中の白癩病、白癩病の中の大白癩病なり。

 

末代の一切衆生はいかなる大医・いかなる良薬を以てか治すべきと考へそうらへば、大日如来の智拳印、並びに大日の真言、阿弥陀如来の四十八願、薬師如来の十二大願、衆病悉除の誓ひもおよぶべからず。これらの薬を使はば、病・消滅せざる上、いよいよ倍増すべし。

 

これらの末法の時のために、教主釈尊・多宝如来・十方分身(ふんじん)の諸仏を集めさせたまひて、一の仙薬を留め給へり。いはゆる妙法蓮華経の五の文字なり。この文字をば法慧・功徳林・金剛薩埵・普賢・文殊・薬王・観音等にもあつらへせたまはず。いかにいはんや、迦葉・舎利弗等をや。

 

上行菩薩等と申して四人の大菩薩まします。この菩薩は釈迦如来、五百塵点劫よりこのかた御弟子とならせ給ひて、一念も仏をわすれずまします大菩薩を召し出だして授けさせたまへり。

 

さればこの良薬を持たん女人等をば、この四人の大菩薩、前後・左右に立ちそひて、この女人立たせ給へば、この大菩薩も立たせたまふ。乃至、この女人・道を行く時は、この菩薩も道を行き給ふ。

 

たとへば影と身と、水と魚と、声と響きと、月と光との如し。この四大菩薩、南無妙法蓮華経と唱へたてまつる女人を離るるならば、釈迦・多宝・十方分身の諸仏の御勘気(=仏様からの罰)を、この菩薩の身に蒙(こうむ)らせ給ふべし。提婆よりも罪深く、瞿伽利(くぎゃり)よりも大妄語のものたるべしとをぼしめすべし。あら悦ばしや、あら悦ばしや。南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経。

 

日蓮 花押

 

 

日寛上人文段『妙法曼陀羅供養抄記』(「成仏の印文」とは)

 

(底本:『大石寺版・日寛上人御書文段』p.696(大日蓮出版))
一、「成仏の印文」とは
「印」とは、すなわちこれ「判」なり。またこれ「決定」の義なり。世の証文のごとし。すなわち、「判形」を以て用いて「信」と為すなり。たとえば、伝国の「玉璽」のごとし。命を天に受く。すでに寿永くさかんなり。

 

御書・三十五−三十四(『一谷入道女房御書』新編 p.830)に
「また、閻魔王宮にては何とかおおせあるべき。おこがましき事とは思(をぼ)すとも、その時は『日蓮が檀那なり』とこそおおせあらんずらめ。また、『日蓮が弟子』と名乗るとも、日蓮が判を持たざらん者をば御用ひあるべからず」と云云。「諸門流の曼陀羅には日蓮聖人の判なし」云云。云云。相伝あり。

 

当流の弟子・檀那は、御判たしかにすわりたる手続の文書、本門の本尊を受持するがゆへに、決定して成仏すること疑いなし。「我が滅度の後において◯決定して疑いあることなけん」とはこれなり。「応(まさ)に斯(こ)の経を受持すべし」とは、まさに本尊を受持すべし、となり。「この人◯決定」はすなわちこれ「成仏の印文」なり。ヒキガエルの事。