細草論壇

「疑に三種あり、一には自らを疑ひ、二には師を疑ひ、三には法を疑ふ」(『摩訶止観』)

サイトマップ

このページはサイト内の文献のリストです。

 

(0)一般仏教の文献

『那先比丘経』

『那先比丘経』:第一編第一章・第三問「対話を成立させる基盤」

(1)宗祖大聖人御書

『四恩抄』

宗祖大聖人御書『四恩抄』(弘長二年一月十六日・御寿四十一歳)

『妙法曼陀羅供養事』

宗祖大聖人御書『妙法曼陀羅供養事』文永十年・五二歳(新編 p.689)

『当体義抄』

宗祖大聖人御書『当体義抄』入文部、日寛上人『当体義抄文段』:第二門「釈名の下(もとひ)

『曾谷殿御返事(抜粋)』(故事「輪陀王、外道を対治し、仏法を立てて王威を取り戻すこと」)

宗祖大聖人御書『曾谷殿御返事』(抜粋:故事「輪陀王、外道を対治し、仏法を立てて王威を取り戻すこと」)

『新池御書』

宗祖大聖人御書『新池御書(1/4)』(弘安三年二月 御寿・五十九歳)

宗祖大聖人御書『新池御書(2/4)』(弘安三年二月 御寿五十九歳)

宗祖大聖人御書『新池御書(3/4)』(弘安三年二月 御寿五十九歳)

宗祖大聖人御書『新池御書(4/4)』(弘安三年二月 御寿五十九歳)

『御本尊七箇の相承』

宗祖大聖人御書(相伝書)『御本尊七箇の相承』(問者・開山日興上人、答者・宗祖日蓮大聖人)

(2)日興上人御指南

顕正会は日興上人のご指南を引用して、“日本の皇室に特別な守護附属がなされている証拠”として『三時弘教次第』を用いています。が、日寛上人のご指南である『当体義抄文段』等を拝していくと、日興上人の本意はまったくの別物であることが判ります。

第二次世界大戦前の全体主義の政治哲学に固執している懐古主義者の邪妄の説は斥けられることが判ります。

(3)日蓮正宗の宗内文献

今のところ、第26世・日寛上人のご指南が多めですが、第9世・日有上人『化儀抄』や、第59世・日亨上人『化儀抄註解』なども載せていく予定です。

日有上人御指南

『化儀抄』

帯刀杖による正法護持の化儀(日有上人『化儀抄』第二十二条、第九十二条、および日亨上人『同・註解』)

日寛上人御指南

『当体義抄文段』:第二段「釈名の下(もとひ)」

宗祖大聖人御書『当体義抄』入文部、日寛上人『当体義抄文段』:第二門「釈名の下(もとひ)」

『臨終用心抄』

『臨終用心抄(1/3)』(日寛上人御指南)

『臨終用心抄(2/3)』(日寛上人御指南)

『臨終用心抄(3/3)』(日寛上人御指南)

『寿量品談義』

『寿量品談義』:運歩丁聞得福の事(日寛上人ご指南)

『寿量品談義』:代々付属の事(日寛上人ご指南)

『寿量品談義』:上求菩提/三誡三請・重請重誡/勧誡二門(日寛上人御指南)

『寿量品談義』:三疑三信の事(日寛上人御指南)

『寿量品談義』:円仏果成の相(日寛上人御指南)

近現代の宗内文献

日亨上人ご指南(※ご登座以前を含む)

帯刀杖による正法護持の化儀(日有上人『化儀抄』第二十二条、第九十二条、および日亨上人『同・註解』)

日淳上人ご指南(※ご登座以前を含む)

『悪口と折伏』(昭和六年六月・堀米泰栄師(日淳上人ご指南※ご登座以前))

『国教選定の必要』(昭和十年五月・堀米泰栄師)

『弁惑観心抄』序文(昭和二十五年・堀米日淳師)

『興尊雪寃録』の妄説を破す:「二、血脈相承についての愚難を駁す」(堀米日淳師・昭和三十年十月)

 

日顕上人ご指南

『(七八)臨終の相』−『日蓮大聖人御金言義類別入文集』より(平成二十七年・日顕上人ご指南)

宗務院・教学部監修『正しい宗教と信仰』より

信仰に反対する人へ:問二.信仰は理性をマヒさせるアヘンのようなものではないか。

(4)日蓮正宗外の文献

日蓮正宗から分派していった異流義教団(創価学会・顕正会・正信会等)の文献、近傍の宗派(日蓮正宗以外の富士系統の門流、保田妙本寺、要法寺等)などの文献、反系の五老僧の門流(身延・池上・中山)等の文献を必要に応じて載せていく予定です。

(5)仏法を得る者は世法をも得べきか

世間的な視点で「折伏利物を為す」と認められる文献について掲載していきます。

主として、全体主義、原理主義、カルトとは学術的にどういうものか、また政治哲学・社会哲学の視点において、異流義教団の偏った妄見を破すための文献です。

ハンナ・アーレント『全体主義の起源』(予定)

ベルナール=アンリ・レヴィ『危険な純粋さ』(予定)

アンソニー・ギデンズ『社会学(第五版)』

『社会学・第五版(2009年)』(アンソニー・ギデンズ):「第20章 政治・統治・テロリズム」冒頭部より引用

 

(5)論説・小論

私、内藤発が書き上げた論説・小論になります。

魔の通力と仏法の理の違い

顕正会の会館が建ったことと災害の関係。「魔のたぶらかし」「魔のたばかり」の現証。(令和元年10月13日)
日顕上人猊下ご自身の「臨終の相への大覚信」の文証(令和元年10月14日)