細草書林

「疑に三種あり、一には自らを疑ひ、二には師を疑ひ、三には法を疑ふ」(日寛上人『寿量品談義』)

自称保守という病

(2018年2月4日にFacebookノートとして投稿したものの訂正版となります。)

岩田温さんの『リベラルという病』(彩図社)を読んだ。たしかに、共産党・共産主義者と組んでいる日本の自称「リベラル」は、共産主義、コミュニズムの組織暴力に対して無知・無自覚ではあると思う。


だが、それならば。創価学会・公明党と組んでいる自民党はどうなるのか。共産党が「全体主義政党」ならば、創価学会・公明党は「全体主義カルト」ではないか。


どこかの市議が殺害されたというような他人の話ではない、わたしの実体験にもとづく話である。

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

わたしが高校生のとき、創価学会を脱会し、「顕正会」という組織に母親とともに移った。

わたしは「布教を通して悪いカルマを消すことができる」というドグマを真に受け、入会ののちすぐに、中学校・高校の同級生を相手にモーレツな布教を始めた。

すると、地域の創価学会員たちは「◯◯が変な宗教に入った」という悪質なウワサ話を、組織の外にもバラまき、わたしの布教をモーレツに妨害し始めたのだ。

殺害をほのめかすような脅迫もあった。

少なくとも、同じ宗派だった「日蓮正宗」、そしてそこから分派した「顕正会」の布教者に、組織暴力を以って臨むのが、創価学会という存在なのである。

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

創価学会・公明党はしょせん「全体主義カルト」なのだ。
かつて在籍していた派遣会社の幹部が創価学会員だった。彼も、わたしの詰問に、こんなヤクザまがいの荒い言葉を吐き捨てて、暴力性をむき出しにしたのである。

「オレは先生(=名誉会長の池田のこと)のためなら、地獄へもお供する。その覚悟でやっているんだ!!」

 

自称保守の多くは、自民党を保守政党として信頼しておきながら、創価学会・公明党の暴力性には無知・無自覚である。

 

日本の自称リベラルが「病んでいる」というのなら、日本の自称保守もまた「病んでいる」のである。