細草書林

「疑に三種あり、一には自らを疑ひ、二には師を疑ひ、三には法を疑ふ」(日寛上人『寿量品談義』)

『鹿野苑の王さま(下)』・「釈迦菩薩の捨て身と国王の変心」(通釈第三部)

釈迦菩薩は、国王の居城に着きました。

国王の家来たちは、「あの鹿が…たった一匹でやってきました!!」と報告し、城門は大騒ぎになりました。

国王は、釈迦菩薩に語りかけました。

「お前はなぜ一匹でやってきたのか。もう鹿の群れは尽きてしまったのか?」と。

釈迦菩薩は答えました。

「幸い、国王陛下のお慈悲のおかげで、鹿の群れは繁茂しております。ただ、一匹の牝鹿が子供を妊娠していまして、ね。彼女を遣わさない、となったならばそれは国王陛下とのルール違反となりましょう。

しかしながら、木石のごとく頑迷に彼女を遣わしていたら、私は子供を見殺しにすることになります。」

 

国王は聞き入っています。

 

釈迦菩薩は続けました。

「この身はいついつまでも長生きしようたってそう、うまくはいかないものです。慈悲をもって彼女の身を救ったならば、その功徳は無量でしょう。慈悲がなければ、人として何の立場がありましょうか。」

 

国王はハッと気づいて、椅子より立って叫びました。

「ああ、自分は実に畜生と同じだったのだ!

あなたは畜生でありながら人として振る舞っている!

人間か畜生かは理屈の上で測られるべきで、形で計られるべきではない!」

 

釈迦菩薩はびっくりしました。

 

国王は続けました。

「王として自分は今日から一切の畜肉を食べることを止めよう。無畏をもって施すことにする。お前は安心してくれ!」

 

釈迦菩薩はびっくりして、

「いいのですか。本当に。ありがとうございます。」

と言ってその場を後にしました。

 

これが鹿野苑と王城との契約の由来なのです。